合コンで付き合うと続かない!?結婚率と離婚率は?

婚活コーチの川原武久です。
本日のテーマは、「合コンで付き合うと続かない!?結婚率と離婚率は?」です。
二人の出会い、馴れ初めによって結婚まで続くか続かないか、さらに離婚の可能性まで違いはあるのか?そのあたりを中心に明らかにしてまいります。

馴れ初めと結婚の関係

男性20代で結婚する人の割合

2010年の厚生労働省の調査によると25歳〜29歳の未婚率は71.8%、30歳〜34歳では47.3%、35歳〜39歳では35.6%、そして生涯未婚率は20.1%となっています。
これに比べて40年前の1970年、25〜29歳の未婚率は46.5%でした。その当時は男性の2人に1人が20代のうちに結婚していました。現在、20代で結婚する男性は約4人に1人で晩婚化が進んでいます。それはなぜでしょうか?

現在は結婚する男性の経済力が以前より強く求められているのかもしれません。大学への進学率も上昇して会社員も20代のうちはしばらく新人扱いされます。さらに、終身雇用が当然だった頃とは違い、正社員として勤務出来ずに非正規雇用を選ぶ人も増えています。経済や雇用を取り巻く環境の不安が増す中で、20代の若い男性は強く影響を受けてきました。経済的な基盤がおぼつかないので余裕もなく、婚期が遅くなるのは仕方ないとも言えます。

また女性の社会進出もすすんでバリバリ働いて稼ぐ女性も増加しています。男性に経済的に依存しようと一緒になることを考える女性も減っていることも晩婚化の理由でしょう。

昭和の頃は「大人になったら結婚するのが当たり前」という考えがまだまだ常識でした。しかし、時代が進むにつれ世の中も多様な生き方を受け入れるように変わってきました。とは言え男性の生涯未婚率を見ると、現在でも5人のうち4人が結婚しているので、一度は婚姻するスタイルが今も多数派になっています。

男性は30代が結婚のピーク

現在、30代になってすぐだと男性の4人に3人はまだ独身です。しかし、35才の頃には男性の2人に1人が結婚していて、40才の頃には約7割の男性はパートナーを得ているのです。このように男性は30代でゴールインする人が非常に多いのです。

40代に入ると結婚する人がガクンと減ります。10人のうち既に7人は婚姻している計算になり、残り3人のうち2人は生涯未婚になるのです。40代で入籍する男性は3分の1。ラクではない数字です。真面目にパートナーを得て入籍したいなら、30代のうちに相手を見つけてゴールインしないと生涯未婚の可能性があることを十分知っておくべきでしょう。

結婚するには相手をみつけてお付き合いして関係を築く時間がある程度はかかりますから、やはり20代後半から必要な準備をすべきなのです。

結婚率の推移

まずは婚姻件数を見てみましょう。太平洋戦争終結直後に生じた結婚ブームにより起きた第1次ベビーブーム世代が25才前後を迎えたのが1970年から1974年。この頃、婚姻件数は年間100万組を超えていました。

その後は低下傾向となり、1978年以降は2010年まで、年間70万組台で増減を繰り返しながら推移。2011年以降は年間60万組台で推移しており、直近調査の2015年は約63万組で過去最低となっています。

結婚率と同じ意味の婚姻率は人口千人当たりの婚姻件数で算出されますが、戦後から婚姻件数がピークを迎えた1970年から1974年にかけてはおおむね10.0以上でした。しかし、婚姻率はその後低下傾向となり2015年には5.1となり、1970年前半と比較するとおよそ半分の水準となっています。

※参考:内閣府HP

結婚した人はどこで出会っているのか

男性の経済的な事情や女性の社会進出などにより日本の晩婚化、結婚率の低下が進んでいますが、そうした逆風に関わらず入籍を果たしている人たちも多くいます。その方々はどこで出会い、付き合ってゴールインしたのでしょうか?

全国で結婚式場を展開するアニヴェルセル㈱が、首都圏・関西に在住の20~36才の男女に「彼(彼女)との出会いは何がきっかけでしたか」という質問でアンケート調査を行いました。その結果を見てみましょう。

1位 職場の同僚・先輩・後輩 24.1%
2位 友人・知人の紹介 19.6%
3位 学校の同級生・先輩・後輩 16.1%
4位 インターネット 9.7%
5位 部活(クラブ・サークル)が一緒 7.7%
6位 合コン 7.2%
7位 イベント 4.6%
8位 ナンパ 1.9%
9位 旅行先 1.6%
10位 お見合い 1.6%

※出典元:http://www.anniversaire.co.jp

この結果にある1位の職場関係、2位の友人・知人の紹介、3位の学校関係、この3つを合計すると59.8%。約6割の人は上位3つの馴れ初めにより一緒になったことがわかります。

この6割を占める3つに共通するのはいわゆる「自然な出会い」で、人生の流れの中でどちらかと言えば目の前に訪れた機会を素直に活かしたり、人間関係や人の情けを大事にすることで出会いを得たのだと思います。

4位以下は少し様相が異なる感じで、インターネットや合コン、イベントなど。これらは出会いから結婚するに至るまで、かなり前向きな意欲や行動力が必要。これを参考に上位3つの方法で出会いがまだない人や、期待出来そうもない人は、4位以下のようないろいろなアイデアや場面を活用して自分なりの出会いを創造、発見すれば良いでしょう。

「自然な出会い」という言葉の響きも良いのでこだわる人もいますが、いざ親しくなり付き合うようになると、どんな馴れ初めであろうが当人同士、過去のことを気になりません。出会いからのスタートですから。結婚したいなら固定観念にとらわれずに出会うチャンスをなるべく多く見出す、それだけ考えましょう。

馴れ初めと離婚の関係

3組に1組が離婚している

日本の離婚率は「3分の1」とよく言われています。でも、見渡してもそんなに離婚している人がいるように感じないのですが、いかがですか。この若干の違和感は離婚率の計算方法に由来します。

3分の1という離婚率は、「ある年に離婚した夫婦の数÷ある年に結婚した夫婦の数」で算出されます。でも1970年代の婚姻件数は100万組を越えていましたが、直近調査の2015年は約63万組と6割程度に変わっています。離婚件数は一番多かったのが2002年で約29万組、直近の2016年には約22万組。婚姻件数は大きく減少しましたが、離婚件数の減少割合はそこまでではありません。このように計算方法が的確でないため、出てくる数字も現実感覚と離れたものになってしまうのです。

例えば、2000年に結婚したカップルが2020年までにどれだけ離婚しているのかといった数字を補足すれば実態に近い離婚率がわかると思いますが、そのような統計は行われておりません。いずれにせよ、3分の1という離婚率は実態を反映したものでなく、リアルな数字はもっと小さいと思われます。

離婚原因で多いのは

では、離婚する夫婦はどんな理由で離婚に至ったのでしょうか。
夫婦が合意して離婚する「協議離婚」が成立しない場合は、家庭裁判所で話し合い(調停)を行い、それでも解決しない時は裁判で決着を図ることになっています。離婚調停を申し立てる原因と妻と夫にわけて見てみましょう(平成27年度司法統計より)。※出典元:https://best-legal.jp

【妻からの離婚原因ランキング】
1位 性格が合わない
2位 生活費を渡さない
3位 精神的に虐待する
4位 暴力をふるう
5位 異性関係

【夫からの離婚原因ランキング】
1位 性格が合わない
2位 精神的に虐待する
3位 家族親族と折り合いが悪い
4位 異性関係
5位 性的不協和

「性格が合わない」が1位となっているのは両方同じですが、2位以下が異なります。
「生活費を渡さない」というのが妻側の事情で多いのは何となく想像できますが、いわゆる浮気による「異性関係」が上位3つに入っていないというのはちょっと驚きでした。

夫の方を見ると「精神的に虐待する」が2位で意外でした。また、妻の場合では8位の「家族親族と折り合いが悪い」が、夫では3位になっている点も気になるところです。

このように共同生活が続かない離婚原因として最も多いのは性格の不一致ですが、具体的には浮気やDV、精神的な暴力、子供への愛情が感じられない、両親との折り合いが悪い、両親との同居に応じてくれない、家庭を顧みない、生活費を渡さない、浪費癖などがあるようです。

スピード婚ほど離婚率が高い

付き合う期間が数カ月から1年以内で結婚したカップルはスピード婚と呼ばれます。どうしてそんなに早く一緒になれたのでしょうか?

・妊娠 いわゆる「できちゃった婚」
・年令 お互いにいい年で結婚を急いでいたから
・運命の出会い これ以上の人がもう現れないと悟ったから

などがスピード婚をする主な理由です。

このスピード婚をする人は離婚も早いというイメージがありますが、実態はどうなのでしょうか?アメリカの大学での研究によれば、交際期間が短くなるほど離婚率は高くなるそうです。3年以上付き合って結婚したカップルと1年未満の交際で結婚したカップルを比較した場合、その離婚率は交際期間が1年未満の方が4割も高くなるそう。アメリカでの事例ですが、日本でも十分に参考になりそうな研究結果です。

スピード婚すると続かなくて、それも早く離婚しやすい理由は下記の2つがあると思います。

・理解不足 お付き合いの期間が短くてお互いのことをあまり理解しないで一緒になったので、欠点を見逃してしまった可能性がある
・価値観の相違 金銭感覚や食事の好み、ライフスタイルなど共同生活をすると気になることはたくさんあります。もともと他人ですから違いは多いはずですが、共通点や相違点の確認不足から後で揉める話しは少なくありません

そうならないためにも出来れば交際期間は少なくとも1年は欲しい。その間にお互いのコミュニケーションを深めて違いも受け止め、理解し合えれば。さらにそれぞれの実家を訪ねて家族に会ったり生まれ育った街を歩くのも相手を深く知る助けになるでしょう。

恋愛結婚とお見合い結婚の離婚率を比較

恋愛結婚にはスピード婚もあれば、長い時間をかけて愛を育みゴールするものもあり様々ですが、ここでは一目惚れに関するデータを紹介します。アメリカでの研究事例ですが、一目惚れをして婚姻したカップルの離婚率を調査したところ10%で、一目惚れ以外のカップルは30%の離婚率でした。

なぜ一目惚れだと離婚率が低いのでしょうか?それは相手の短所が気にならないから。多少だらしないところがあっても、惚れた弱みと言いますかひと目で惚れるくらいですから、小さなことがあまり気にならないのです。好きだから良いところもダメなところも全て受け止める、受容できる。それが一目惚れの力なのです。婚活ではあまり条件やデータにこだわりすぎないいで、最初に会った時の「この人だ!」という直感を大事すれば良いかもしれませんよ。

全国仲人連合会という結婚相談所の全国組織があります。そこのデータによると恋愛結婚の離婚率は40%ですが、お見合い婚の離婚率は10%という調査結果があるそう。

お見合い結婚では男女お互いに希望条件が一致しているかどうかを重視しています。条件がある程度マッチすれば、お見合いから3回くらいのデート、さらに約3カ月の真剣交際を経て婚約、入籍という流れが基本です。結婚相談所経由のお見合いからの結婚では恋愛を楽しむことは重要視されていなくて、恋愛は結婚のおまけみたいな感じです。

恋愛結婚よりお見合い結婚の方が離婚の可能性が低いというデータ。結婚相談所を運営する事業者の発表ですが、参考にしてください。

離婚先進国?米国の事情

結婚した3組のうち1組はインターネット経由での出会い

米科学アカデミー紀要(PNAS)によると、米国では婚姻した夫婦の実に3分の1がインターネット経由からの出会いだそうです。調査対象は2005年から2012年の間にゴールインした約2万人で、ネット上で結婚相手と出会った人は30才から49才で、所得が高い人が多いそう。またインターネット経由で知り合い婚姻した夫婦の方が非ネット経由の夫婦より、結婚後の満足度が高かったそうです。

インターネット経由の出会いの方が離婚率は低い

インターネット経由で出会ったカップルの離婚率が5.96%、非ネット経由で知り合ったカップルは7.67%。このようにネット経由で出会う方が離婚率は低いという調査結果があります。アメリカからのデジタル革命が日本にも影響したように米国の結婚や離婚事情を見ると、少し未来の日本が透けて見えるようです。

合コンで付き合うと続かないのは本当か?


友人や知人の紹介で合コンに誘われることがありますよね。でも合コンに参加した時に気になる女性がいつもいるとは限りませんが、いる確率を仮に30%としましょう。そして、気になる女性がいたとして、その女性にアプローチして連絡先をゲットし、デートまでたどり着ける確率はどのくらいでしょうか?これも人により違うでしょうが仮に30%としましょう。さらにデートから交際に発展する確率はどうでしょうか?20%と想定しましょう。その上でお付き合いから結婚まで結びつくのはどうでしょうか?仮に20%としてみましょう。

・合コンに気になる彼女がいる確率 30%
・その女性とデートできる確率 30%
・デートから交際に発展する確率 20%
・交際から結婚へ発展する確率 20%

以上の数字を掛け合わせると0.36%。これだと理屈の上では合コンに約278回参加しないとゴールイン出来ない計算です。こんなに続かないですよね。もちろん、いきなり初回の合コンで気になる人がいて、その人と一緒になる可能性はゼロではありませんが、合コンに期待するなら相当な回数を頑張って参加しないと確率的には難しいのです。

これだけ見るとかなり悲観的になりますが前述の「結婚した人はどこで出会っているのか」で紹介した調査結果でも「合コン」は回答がありました。6位でしたが7.2%の人が事実として結婚しています。だから出会いとしてはアリなのです。

ただ、パートナーを得て付き合いたい、一緒になりたいのなら参加する合コンを選びましょう。合コン参加者の女性が20代半ばまでなら恋人探しが目的で来ているかもしれません。女性が30才目前から30代半ばが中心なら結婚相手を探しているかもしれないので、婚姻まで結びつく可能性も高そうです。

でも合コンは男同士の付き合いとか友情で声がかかり参加することも多いはず。ですので合コンには過剰な期待をせずに行きましょう。出会いをガツガツ求める男性はモテませんから。友達の付き合いで来た感じの軽いスタンスで、知らない女性とコミュニケーションを楽しむ、女性に慣れる。そんな戦略の方が望ましい成果が得られるはずです。

大事なことは結婚を真面目に考えているなら、同じように考える女性が多く集まるところに行くべき。今、出会いが何もない人なら婚活サイトがお手軽で練習場所としてもオススメです。

口下手でも人見知りでも、女性と交際経験が少なくて女性に慣れていなくても、婚活サイトの上手な活用方法をしっかり学んでチャレンジすれば、3カ月程度で結婚を考える相手との真剣交際開始も夢ではありません。

以上、本日のテーマは、「合コンで付き合うと続かない!?結婚率と離婚率は?」でした。

 

★婚活に関するご相談

初回のみ5千円(60分まで)※毎月3名様まで無料
まずはお気軽にお問い合わせください。

ご相談の事例
・婚活全般に関するお悩み
・婚活ファームのサービスについて
・婚活が上手くいかないが、どうすれば良いだろうか?
・自分の条件(経済力、年令、容姿等)でお相手は見つかりますか?
・成果が出ないからもう諦めて婚活を止めるべきか?
※他の婚活サービス(結婚相談所、婚活サイト、パーティー等)で活動中の方も大丈夫です。

https://www.kkfarm.biz/mailform/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です