婚活で苦戦するのも仕方ない

◆苦戦する婚活、貴方のせいではない

男性は一般的に女性ほど結婚適齢期を意識していません。女性だと慌てる30才を過ぎても「仕事を第一優先」「結婚はまだ、もっと遊びたい」という人を見かけます。この方々にはある種の誤解があるかもしれません。「選べる立場にあるのは男性側」とか「最近は40代男性も若い女性に人気がある」などは間違った認識です。

◆きめ細かなアドバイス
現在の婚活では結婚相談所や婚活サイトが広く利用されています。男女の出会いを創るためにも素晴らしいことなのです。貴方は登録されていますか?実は最後の砦と言われる結婚相談所に2年間登録しても成婚率は1割以下という数字がある位に活用は簡単ではありません。利用者に寄り添ったきめ細かなアドバイスが不足しているのかもしれません。

◆「もっといい人がいるかも」
コンピュータが進化してデータベースが生活全般に普及しています。結婚相談所や婚活サイトのマッチングでも大いに活躍していて、瞬時にお互いの条件を照会して条件に適う人をピックアップしてくれています。これはとても便利なことなのですが、人間の心理面から考えると問題もあるのです。「今、紹介された女性よりもっといい人がいるかも」という気持ちになり、決断出来なくなるのです。これを決定回避(選択回避)の法則といいます。選べる自由が生んだ矛盾、貴方は大丈夫ですか?

◆魅力が伝わらないプロフィールや写真
結婚相談所や婚活サイトでの婚活では、本人同士が直接会う前にコンピュータ上のプロフィールや写真を見て相性を考えるのが一般的です。つまりプロフィールや写真が貴方の代理で第一印象を与える非常に大切な役割を担っています。その段階で選ばれないと、その先のメールのやり取りやデートには進めません。婚活前半の命運を握るプロフィールや写真を貴方は慎重に吟味し作っていますか? 写真はプロのカメラマンと打合せながらベストショットを掲載していますか?

このような大切なことを特に留意せずに婚活を行っている方は多いようです。だから、婚活で成果が出ない、上手くいかないのはもある意味、仕方ない部分もあると言えます。

そんな課題を解決して婚活の成功を目指すのが私の目指すところ。婚活でお金、時間、メンタルを浪費しても何も得はありませんから。

婚活ファームでは口下手、人見知り、内気、オタク、草食系などいわゆる「奥手男子」の方々の婚活を専門に応援しています。奥手男子向けに生まれた「口説かなくていい婚活術」はここだけの方法論です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です