婚活が上手くいかない人

■婚活疲れに苦しむ人
婚活中で結婚相談所や婚活サイトを利用中の男性からこんな声をよく聞きます。
「いい人が見つからない」「なかなか会ってもらえない」
前者は自分の条件に合う人が見つからないという悩み。後者はいいと思う人がいてアプローチしても相手から選ばれずに無視されるというもの。その状況が続いて婚活に疲れてしまい、難民のように結婚相談所や婚活サイトを移動してさまよう人もいます。

 

■勝負は準備期で決まる!
婚活は大きく3つのフェーズに分かれています。
1.準備期(相手への希望条件、婚活方法を検討する、自分をPRする「プロフィール」を作成する)
2.マッチング期(気になる人を探し、アプローチ、仮交際の可能性を探る)
3.交際期(気が合えば仮交際、さらに進めば本交際~婚約に進展!)

婚活で成果が出せない、上手くいかない人の多くは2番目のマッチング期に困っています。
そこには下記のような理由が考えられます。
・相手の希望条件を考慮せずアプローチしている
・アプローチのメールなどが下手で真面目に受け止められない

しかし2番目のアプローチ期に表面化する問題は、1番目の準備期における間違い、勘違いに起因することが多いようです。
・相手への希望条件が高望み過ぎる
・プロフィールにある自分の写真が良くないので、印象が悪くなっている
・プロフィール内の自己PRで自分を魅力をきちんと表現出来ていない

婚活を始めるスタート時点の準備期にきちんと自分をみつめてどんな結婚を望むのか、そのために必要な婚活戦略はどうあるべきか。気持ちを整理することが大切です。ここを固めてから次に進むべきですが、大多数の方は婚活未経験ですからそこまで考えが及びません。上手くいかないのは仕方ない部分もあります。

さて、貴方は大丈夫ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です