婚活市場でカモネギにならないで

日本では戦前、お見合い結婚が多くありました。結婚は家同士のもので家長が相手まで決めていました。戦後、新憲法下で婚姻は個人の自由となり、お見合いから恋愛結婚へとシフト。今では結婚といえば恋愛結婚をイメージするように常識化しています。

■婚活の成功事例を身近であまり見ない
学生時代あるいは就職してから出会い、恋愛から結婚へと発展するカップルが、現在では既婚者の半分を占めています。こうした恋愛結婚と婚活は全く別のものです。
婚活では恋愛してもしなくてもそこはどちらでも良くて、ゴールは結婚。これだけ聞くと婚活は簡単に出来そうですが、そこに落とし穴があります。恋愛と違って、多くの人は婚活のお手本(ロールモデル)を見て学んだことがありません。もちろん未経験。だから上手くいかないのです。

■結婚相談所の成婚率は1割以下という現実
事実、婚活市場の先輩たちは苦労しています。経済通産省が全国の結婚相談所を対象に行った調査によると、結婚相談所の成婚率は平均で男性が約8%と非常に低い。婚活市場に甘い考えで飛び込んでも成果が出ないし、10人のうち9人が討ち死にする厳しい世界なのです。
その理由は経験やノウハウが乏しいまま参加してしまうプレイヤー側の問題、そして結婚相談所や婚活サイトなど婚活ビジネス側に起因する問題、両方に理由があります。

■婚活市場でカモネギにならないように
結婚相談所の成婚率はとても低いのですが、その上9割の人は平均で約2年間在籍しています。2年かけて成婚率が1割以下とは??? お金を払い、心を痛めながら過ごす2年間、想像すると悲しくなります。
お客さんが長く利用してもらうと婚活ビジネスの企業側には利益になります。早く成婚したい利用者と、出来るだけ長く利用して欲しい企業側、お互いの利益は相反しています。
自分に合う結婚相談所を見つけて良き相談員に巡りあい早く卒業できれば幸運ですが、婚活市場の構造を考えると盲目的に依存することが危険なことを知っておくべきでしょう。

■一軍でプレーする前にファームで調整しよう
だから本気で実戦する一軍でのプレー前に育成の場があるべきで、それが「婚活ファーム」です。野球に例えるならキャッチボールや素振り、ストレッチや筋トレなどもしないでいきなり本番に臨む人はいませんよね。素人ですから謙虚に練習や調整を行いませんか。
行動力も大事ですが、その前に婚活市場の作法、基本スキルを学び、自分に合った戦略や戦術を考えてスタートする方が効果的。そうすることで行動が成果につながりやすくなるのです。
もちろん婚活期間が短くなればそれだけ婚活費用が抑えられます。
また婚活ファームでは個人個人にパーソナルコーチがつきますから、無防備にメンタルが傷つくことを防ぎます。これは金額に換算できない価値と言えます。

■自分に合う婚活戦略を
たくさんの婚活手段の中から貴方に合う方法を選ぶことが最初。そして、貴方の理想の結婚へつながる婚活戦略を描くことが不可欠です。婚活ファームでは貴方に相応しい婚活戦略を一緒に考え、適した手段の選択や活用をコーチいたします。
世の中には結婚相談所や婚活サイト、婚活パーティーなどたくさんあります。でも上手に活用して成果を上げている人が少ないことは残念です。
徒手空拳でいきなり本番の実戦に加わっても、期待する成果は上がらないでしょう。この婚活ファームで婚活に必要な考え方や基礎的なスキルを身につけることをお勧めします。自分に適した戦略を考えて行動、人生を切り開いていきましょう。二人三脚でサポートさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です